PHPstep

トップページ > PHPを始めよう > PHPの特徴・利点を知っておこう

第一章 PHPを始めよう

PHPの特徴・利点を知っておこう

PHPは、ウェブアプリケーションの制作に特化されたプログラミング言語です。 PHPを利用することで、どのようなことが出来るようになるのでしょうか。

PHPとは

PHP(Hypertext Preprocessor)は、ウェブページの制作に特化されたプログラミング言語です。 サーバー側でデータを処理するプログラミング言語には、PHPの他にもCGI・ASP・JSPなど様々な種類がありますが、 その中でもPHPは、初心者にも取っ付きやすくプログラミング入門に適しています。

PHPは、初心者にも取っ付きやすい一方で、使いこなせるようになれば、かなり高度な機能まで作成できる奥の深さもあります。 PHPに習熟すれば、本格的なウェブアプリケーションも開発できるようになります。

PHPには、これまでに多くのウェブサイトで採用されてきた実績があります。 長年にわたって改良が加えられており、PHPが利用できるレンタルサーバーが多数提供されている点からも、 安心して学べる言語といえるでしょう。

“動的なページ”を作るには?

ウェブページは、基本的には情報構造を指定するHTMLと、 スタイリングを指定するCSSで作成することができます。 ただし、HTMLとCSSだけで作成するウェブページでは、制作者からユーザーに向けての情報発信のみに限られ、 ユーザーはウェブページに掲載されているテキストや画像・映像などの情報を、原則として閲覧する以外の利用はできません。 こうした情報発信のみのウェブページは“静的なページ”と呼ばれることがあります。

それに対して、サーバー上でプログラム処理をして、 ユーザーに何らかの機能やサービスを提供するウェブページは“動的なページ”と呼ばれます。 メールフォーム・掲示板・買い物かご・ブログなどは、すべて“動的なページ”です。 これらのウェブページでは、ユーザーがどのような行動をするかで処理が異なり、結果として表示されるメッセージなどが変化します。 ユーザーの行動によって結果が動的に変化するので“動的なページ”と呼ばれるのです。

メールフォームや掲示板などの“動的なページ”は、HTMLとCSSだけでは作成することはできません。 “動的なページ”を作成するには、サーバー側でデータを処理するための何らかのプログラミング言語が必要となります。 サーバー側でデータを処理するプログラミング言語には様々な種類がありますが、PHPはその代表的なものです。

PHPの特徴・利点

PHPには、ウェブアプリケーションを作るための様々な機能が充実しています。

PHPの特徴1:HTMLソース中にプログラムを埋め込める

PHPは、HTMLソース中にプログラムを埋め込むことができます。 HTMLソースを発展させる形で制作を進めやすく、プログラム初心者にも取っ付きやすい仕様になっています。

【図】

PHPの特徴2:サーバーサイドでプログラム処理する

PHPは、サーバーサイドでプログラム処理します。 例えば、フォームから送信された内容をサーバー側で受け取ってメール送信したり、 ユーザーが入力したデータを処理して結果を返すことなどが可能になります。 PHPを使いこなすことで、メール送信フォーム、掲示板、買い物かごなどのシステムを制作することができるようになるでしょう。

【図】

PHPの特徴3:データベースと組み合わせられる

PHPには、プログラムからデータベースを利用するための機能が用意されています。 高度なウェブアプリケーションを作成する際には、データベースの利用は避けて通れません。 PHPプログラムとMySQLのようなデータベースとを組み合わせることで、 ウェブアプリケーションで実現できることの幅が飛躍的に広がります。

PHPの特徴4:ブログ運用にも役立つ

PHPは、有名ブログシステムにも利用されているため、PHPの知識を身に付けておけばブログ運用にも役立ちます。 例えば、WordPressを利用してブログ運営している方がいらっしゃるかもしれませんが、WordPressはPHPで作成されています。 PHPが理解出来れば、WordPressを利用して開設したブログをある程度自分でカスタマイズできるようになるでしょう。